プロが体現する2割3割の法則

私の友人にパチンコスロットのみで生活している専業プロがいます。通称パチプロと呼ばれている人たちです。

普通であればギャンブルはやればやるほど負けるものです。つまりギャンブルは極論を言ってしまえばやらないほうが良いことです。
よしんばやったとしても、たまたま大きく勝てたときにやめてしまうのが賢明です。

ですがこの理論から大きく逸脱した存在がパチプロです。彼らがパチンコスロットだけで生活していけるぐらいに「勝てる」のには明確な理由があります。

もちろんですがパチプロは勝つための努力をしています。その勝つための努力とは、機種ごとの情報や店の情報、イベントの情報をしる情報力が一つ。そして店内の立ち回りスロットならゾーンや設定判別、パチンコなら釘や潜伏の見極めなどの努力によって一般客よりも明らかに勝率を上げています。

こうした努力をしていれば誰でもギャンプルで勝てるようになるのか?その答えはNOです。

イベントでも全ての台の収支がプラスになるわけではないですし、もっと言えばイベントと謳っておきながら実は回収日だったというガセイベントもあります。

高設定の台に座れても負けることも少なくはないし、よく回る台でも勝てるわけではありません。

ギャンブルのような勝負事において負け要素より勝ち要素が多い場合にのみ勝利することができます。つまり全体の要素を100と捉えると勝ちの要素が50を超えれば勝てるのです。

そうした中で情報力や立ち回りなどの「技術」が介入できるのはどんなトップでも20、二割までです。勝つための残りの30はなんだというと「運」です。パチプロとしてやっていける人たちはこの「運」があることが大前提です。

技術が2割運が3割、この【2割3割の法則】はあらゆる勝負事に共通しています。

しかし、セックスにおいてはこの【2割3割の法則】を大きく超越する手段があります。それが出会い系です

出会い系は風俗よりも安上がりで素人女とセックスを楽しめる素晴らしいコンテンツです。

出会い系 やれることはやはり代えがたい悦びです。
もしスロットで勝負に行くなら【2割3割の法則】を忘れずにしましょう。そして勝ったなら出会い系で気持ちよくセックスするのがおすすめです。

今回の話で必然的に運の重要性に触れましたが運についての詳細な話は別記事でお話します。みなさんの健闘を祈ります!

コメントなし

コメントを残す